BIOGRAPHY



東京都出身の若手エレクトロプロジェクト、エクソスケルトン。 2012年にリンタロウ・ヨネイの宅録プロジェクトとして開始。 若干23歳。作曲、デザインを独自で学び、曲、ビデオ、アートワーク、それら全てのプロデュースを自ら行っている。 ダンスミュージックに、ボイスチェンジャーを多用したボーカルをミックスさせた独自のスタイルを確立。 リアルタイムでボイスチェンジャーを利用し、楽曲を再現するライブが話題になる。

活動開始と同時にミニアルバム「スーパーバイオレント・アイドル」をリリース。 代表曲「イェア」のセッションビデオがYOUTUBEでアップロードされると、早耳リスナー達の間でたちまち噂になり、 BLOC PARTY、YEAH YEAH YEAHS、KLAXONSなどがDJで出演したことでも有名な東京のニューウェーブパーティー「VANITY」に出演し、 雑誌「NYLON」のパーティーをはじめ、多くのクラブで楽曲がヘビーローテーションされる。

最も影響を受けたアーティストとしてMiles Davisを挙げているほか、My bloody valentine、Gustay Klimt、Le Corbusierなど、 EXOSKELETONEの音楽は様々なアートからインスパイアされている。